2015年5月17日 (日)

大阪都構想

おそらく全国ニュースでも
大きな話題になっていると思うんですが

本日(5月17日)は

大阪維新の会・橋下徹代表のかねてからの悲願である
“大阪都構想”の住民投票当日でした。

一応私も大阪市民ですので
今日の昼に一票を投じてきたんですが

あえて「(賛成・反対)どっちに投票したか」を
ここにはっきり書くのはやめておきます。

以下の文章をお読みいただいたうえで
私がどっちに入れたのか推測いただければ
と思います。

・・・そりゃ私だって
“地方行政における改革の必要性”くらいは
感じてますよ。

でも、説明会でも

広報の印刷物なんかでも

結局、庶民がどれだけ
「負担増」という痛みに耐え
血を流さなきゃいけないのが

ついにわからずじまい。

ただ一つ、わかっていることは

この改革案を作った
大阪維新の会を含めた“政治屋”の連中は

一滴も血を流さない、なにも痛い目を見ない

ということだけ。

こんな“不公平”、ありですか?

誤解を恐れず言ってしまえば

「大阪都構想」の実態は

「役所改革」の名を借りた

「社会的弱者切り捨て構想」

といってもいいんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

あくまでも”文字”ですから

・・・かなり久しぶりの投稿になってしまいました。<m(__)m>

いったいどのくらいの方が
“飽きずに、そして懲りずに”
ご覧頂いているのだろう、と思い

そういう方々に感謝しながら
更新させていただきます。

今日の夕方「スーパーニュース・アンカー」(KTV)の特集で

若者のコミュニケーション力が落ちている

という話題を取り上げていたのを見てたんですが、その中で

今の若者は、LINEやSNSなど
“活字によるコミュニケーション”が
中心になっている

ということを言ってました。

これを聞いて、私の知人(20代)が以前私に
「何かあったらメールで話はできる」
とを言ってたのを思い出したんです。

・・・いやいや、それは違うでしょ。
活字(やフォント)はあくまでも
“文字”でしかないですから。

言葉の後ろに感情をこめることはできても
活字の裏に感情をこめることは
普通できませんから。

活字では「書かれたそのままの表現」で
相手に伝わるものですから
ちょっと表現を間違えると
相手を傷つけることになりかねません。

わたしが「大事なことほど自分の口で伝える」
ようにしよう、と心がけている理由は
ここにあります。

自分の真意が間違って伝わる、のも
その結果、相手を傷つけてしまうのも

私の本意ではないですからね。

ただ、この特集を見終わって

「果して自分にどのくらい
コミュニケーション力があるのだろう・・・」

と思ったのもまた事実www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

心のよりどころ

先日「大ボラは成長の前触れ」という記事でご紹介した

私が以前勤めていた会社の社長(故人)の言葉の中に

今の私の“心のよりどころ”になっている
言葉があります。

今回はその言葉をご紹介したいと思います。

過去は現在を決定した。
未来も現在を決定する。

 

過去は変えられないが、未来は変えられる。
変えられる未来に目を向けよう。

 

我、今何をなすべきか。

 

特に解釈などは書きませんので
お読みになられた皆様の乾燥・解釈など
お聞かせ願えれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

悪夢再び?いえいえそこまでは

今朝のこと。

私、今日は朝からお出かけする予定があったので
いつもよりちょっと早い時間に目覚ましをセットし

これが6時にセットしたつもりが
目覚ましの音に目覚めたのは5時www

で、布団の中でTVをつけてマターリしていたら

5時半過ぎに突然鳴り響く
「緊急地震速報」のアラーム音&アナウンス。

うちの方では「緊急地震速報」が
鳴ると同時くらいに」揺れたので
冷静なときなら「遅いわwww」と心の中で
ツッコんだと思いますが

一瞬脳裏をよぎったのが18年前(1995年)の
神戸の地震(=阪神大震災)。

さいわい私の地元は今回そこまで大揺れしなかったので
ちょっと安心したんですが

震源地に近い淡路島にお住まいの皆様は
あのときくらい揺れたそうなので
まさに「あのときの悪夢再び」という感じに
なられたのではないでしょうか。

まさに

天災は忘れたころにやってくる

を地で行く今朝の地震でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

結局何が言いたいねん

今日、学校で実際に聞いた話なんですが

思わずこの記事のタイトルと同じことを言いたくなった話だったので。

ある授業で、担当の先生が

卒業生から(卒業生ですので当然理療の免許を持っています)
「1日で7人も施術してしんどい」という趣旨の
メールが送られてきた、という話をされたんですが

これを聞いた私がその場で発したセリフが

「どないもなるかいwww」

・・・だってそうじゃないですか。

このメール、友だちに送る分には

「へぇ、そうなんや。大変やね。
私でよかったらそんな愚痴ぐらい、なんぼでも聞いてあげるから
いつでもメールなり電話なりしておいで(微笑み)」

くらいで済む話ですけど

それを先生に送ってくる、ということは

うがった見方をすれば
「何とかしてくれ」とか「助けてくれ」とか
言ってるようにも解釈できるじゃないですか。
たとえ本人にそういう気持ちがなかったとしても。

私は免許を持っていないし、今現在働いてもいないので
あまり偉そうなことは言えませんけど

お金を稼ぐことは「しんどくて当たり前」。
楽して稼ぐなんて、よっぽどのことがないと無理ですよ。
仕事ってそういうもんじゃないですか?

愚痴りたくなる気持ちはわかりますけどね。
そこを否定しちゃうと、逃げ道がなくなって
精神的に潰れちゃうから。

それに、障害を抱えて働く、ということは
健常者には理解できない大変なことも多いですから

私としては「ご自愛めされよ」
というしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

就職にも「思い」は大事

まもなく新年度を迎え
世間では2014年度新卒者の就職活動が
盛んに行われているようです。

私が今通っている学校でも
3年生が昨日・今日の2日間で行われた
理療免許の国家試験を受け、これから就職活動に
入るところなんですが

ネットニュースでこんな記事を見かけました。

ロート製薬、あえて『脱・ネット』
 「思い」持つ学生と本音で対話

この記事によると

同社は11年度から就職情報サイトへの企業情報登録をやめ
就職申し込みの最初の入り口を
電話による資料請求飲みに切り替えたそうです。

その理由は、同社の採用担当者いわく

ネットでの申し込みが可能だと、「とりあえず申し込んでおくか」という
学生が非常に多くなり、事前の選考で「この会社で働きたい」と
思っている人を面接もせずに落とさなければならない。
それはおかしいのではないか(記事要約)

ということだそうです。

たしかに、就職するっていうのは
人生の一大イベントですからね。

後悔のない選択をしたい。

自分が「この会社で働きたい」と
思った所に就職したい

と思うのは当然ですし、企業としても
やる気のある、有能な人材が欲しいのは
今も昔も変わりませんからね。

もしかしたら昨今の就職難の背景には、
そういった求職者の「思い」と、企業の「思い」が
うまくマッチしていないのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

続・お嬢はどうなのさ

この話は先日のネットニュースでしたんですが
いやぁ、思い切った決断をしたものです。

お嬢ことCX・高橋真麻孔が
この3月で退社し、フリーに転身する
そうじゃないですか。

年齢も30歳を超え
この4月で10年目突入、という
ある意味「(フリー転身には)絶好のタイミング」での
決断なんですが

正直“前途はそんなに明るくない”んじゃないでしょうか。
>お嬢

たしかに、バラエティには使いやすいキャラと(失礼)
そこいらへんのアイドル歌手よりは上の
歌唱力がありますから、すぐに食うに困ることは
ないでしょうけど

はたして今後、お嬢は生き残れるのでしょうか?

4月以降の動向を
しっかりと注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

「大ボラは成長の前触れ」

私が人生においてリスペクトしている人物の一人に

私が学校を卒業してすぐに就職した
コンピューターシステム会社の社長(故人)がいます。

その社長の言葉の中にこういうものがあります。

大ボラは成長の前触れ。
目標を公言し、自らを背水の陣に追い込め。

わたくし、昨年4月から理療の資格を取るべく
学校に通っているのですが

今回、これにならって“大ボラ”を吹いてみたいと思います。

わたくし、ファイアー負男EXは
2年後のあん摩・マッサージ師、および
鍼灸師免許の国家試験に
一発合格することをここに宣言いたします。

・・・あーあ、言っちゃったよ。

できなかったろどうすんだ、俺www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

結局“弱者いじめ”ですか・・・

かれこれ1年以上放置しておりましたが

今回、ひさびさにひと言言いたくなるような
ニュースが入ってきたので、それについて一言。

昨年(2012年)末に
それまで3年続いて民主党政権から
自民・公明両党による連立政権に替わり(というか戻り)

先日始まった通常国会に
2013年度予算案が提出されたんですが

その中に
「生活保護費を3年間で月額7千円削減」(単身世帯)
というものが。

報道によると、今年度国が支払った生活保護費の全国総額は
約3兆円、といいますから、ここを削減したくなる気持ちはわかります。

ですが

生活保護を受けている人の中には

  • 働きたくても働けない障害者や
  • 若いころにきちんと年金を納められず
    それだけでは生活できない高齢者、といった

「削られると困る人」というのも少なからずいると思います。

まず全体を“十把一絡げ”で削減する前に

  • 不正受給者を摘発するとか
  • ほかに削れるところを削るとか

今の時点でできることをやってから
減らすことを考えましょうよ。>政治家の皆様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月12日 (月)

好きな女子アナランキング’11

・・・開店休業状態とはいえ、いちおう

“女子アナ評論家”

を自称する私としては、この話題には
触れずにはおけない、ということで

今年で第8回を数える

ORICON好きな女性アナウンサーランキング

が発表されました。

今回のランキングは以下の通り。
(以下オリコンHPより引用)

  • 1位:加藤ちゃん(CX・加藤綾子アナ)
  • 2位:にしやん(元日テレ・西尾由佳理さん)
  • 3位:しょーのちゃん(CX・生野陽子アナ)
  • 4位:大江さん(テレ東・大江麻理子アナ)
  • 5位:若い方の竹内(テレ朝・竹内由恵アナ)
  • 6位:中野(CX・中野美奈子アナ)
  • 7位:滝川さん(元CX・滝川クリステルさん)
  • 8位:お嬢(CX・高橋真麻アナ)
  • 8位:平井(Cx・平井理央アナ)
  • 10位:前田ちゃん(テレ朝・前田有紀アナ)

・・・「なんで約2名呼び捨てなんだ<`~´>」
というツッコミは華麗にスルーして(-_-;)

このランキングを見て思うのは

相変わらずCXの女子アナは強い、ということと

にしやん&中野の“称賛に値する”健闘ぶり。

普通女子アナって、結婚すると
そのとたんに人気が下がるもんなんですが

この二人に関しては
そんなジンクスすらあてはまらない。

・・・いやはや恐れ入りました。

あと、今年に限って言えば

お嬢の健闘が光る

というところですかね。

今後の展望としては

  • 高島(元CX・高島彩さん)に次いで
    加藤ちゃんが殿堂入りを果たすか?
  • CX以外の各局の女子アナの巻き返しはあるのか?
  • お嬢の人気は“一過性”で終わってしまうのか?

この辺を注目しつつ

今後の女子アナ界の動向を
しっかりと見守っていきたいと思います。

以上、現場からファイアー負男がお伝えしました。
(↑ゴールドアンカー・田辺ディレクター風に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«“終わりの始まり”再び・・・