« 心のよりどころ | トップページ | 大阪都構想 »

2015年3月16日 (月)

あくまでも”文字”ですから

・・・かなり久しぶりの投稿になってしまいました。<m(__)m>

いったいどのくらいの方が
“飽きずに、そして懲りずに”
ご覧頂いているのだろう、と思い

そういう方々に感謝しながら
更新させていただきます。

今日の夕方「スーパーニュース・アンカー」(KTV)の特集で

若者のコミュニケーション力が落ちている

という話題を取り上げていたのを見てたんですが、その中で

今の若者は、LINEやSNSなど
“活字によるコミュニケーション”が
中心になっている

ということを言ってました。

これを聞いて、私の知人(20代)が以前私に
「何かあったらメールで話はできる」
とを言ってたのを思い出したんです。

・・・いやいや、それは違うでしょ。
活字(やフォント)はあくまでも
“文字”でしかないですから。

言葉の後ろに感情をこめることはできても
活字の裏に感情をこめることは
普通できませんから。

活字では「書かれたそのままの表現」で
相手に伝わるものですから
ちょっと表現を間違えると
相手を傷つけることになりかねません。

わたしが「大事なことほど自分の口で伝える」
ようにしよう、と心がけている理由は
ここにあります。

自分の真意が間違って伝わる、のも
その結果、相手を傷つけてしまうのも

私の本意ではないですからね。

ただ、この特集を見終わって

「果して自分にどのくらい
コミュニケーション力があるのだろう・・・」

と思ったのもまた事実www

|

« 心のよりどころ | トップページ | 大阪都構想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27042/59292279

この記事へのトラックバック一覧です: あくまでも”文字”ですから:

« 心のよりどころ | トップページ | 大阪都構想 »