« 2011年5月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月に作成された記事

2011年11月27日 (日)

“終わりの始まり”再び・・・

と、いささか物騒なタイトルで
申し訳ないのですが

本日(11月27日)は
当初から全国的な注目を集めていた
大阪府知事・大阪市長のダブル選挙の投票日。

で、結果はどうなったかといいますと

大阪府知事・大阪市長ともに
「大阪維新の会」の“完全勝利”

で幕を閉じることになりそうです。

タイトルの「終わりの始まり」とは
まさにこのこと(「維新の会」完全勝利)でして。

大阪以外(というか近畿圏の外)にお住まいの方は
分からないと思いますが

今回、「維新の会」が取った手法というのは

かつて“郵政選挙”の時に当時の首相が取った
手法と全く同じなんです。

・・・まあ、既成政党が応援する候補者が
枕を並べて落選した背景には

既成政党はもう信用できない

という住民の意見も反映されてのことだとは思いますが。

既存のものを壊すことしか考えていない人は
壊した後をどうするか、までは考えていない。

かつて「自民党をぶっ壊す」といった首相が
自民党どころか日本をぶっ壊し
その責任を取らずにさっさと表舞台から去っていいたように

「大阪市役所をぶっ壊す」といっている新市長は
大阪市役所ではなく、大阪全体をぶっ壊し
その
責任を取らずにさっさと表舞台から去っていく

結果、大阪の街から“人情”というものが消えてしまった

という未来は創造したくないものですが

数年後、これが現実となりそうな気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

“WQC”(TBS)っていったい・・・

かなりひさびさの投稿になりましたがwww

本日放送されていた

WQC(ワールド・クイズ・クラシック)という

90年代に各局で放送されていた
“クイズ王決定戦”みたいなクイズ特番の話を。

実は私、この番組(というかこのような企画)があったことを

今夜10時過ぎまで知りませんでした。(自爆)

それゆえ実際に番組を見たときにはすでに
準決勝・決勝という

私にはつぃて行けない高レベル問題ばかり

でした。(↑これってクイズマニアとしてどうなんだwww)

ただ(見た部分だけですけど)クイズ形式がどちらも

昔どこかで見たことがある

ものなんですよね・・・

  • 準決勝:かつて「ウルトラクイズ」(日テレ)でやっていた
    「通せんぼクイズ」
  • 決勝:シンクロクイズがない「新アップダウンクイズ」(MBS)

これってよく言えば

昔の人(TVマン)はすごかった

ですが、悪く言うと

今のTVマンはこういう(クイズの)企画も
作れないほど情けない

って言えるんじゃないでしょうか?

個人的にはこの企画(WQC)

かつて同局で制作していた「史上最強のクイズ王」のように

会を重ねても優勝者が固定されてしまい

視聴者にそっぽを向かれて終了

という形で“短命”に終わりそうな気がするんですが

いかがでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年12月 »